自閉症は走り方に特徴がある?特徴を分かりやすく動画で説明します!

暮らしの知恵

自閉症と呼ばれる発達障害は、現在正式名称があります。
「自閉症スペクトラム障害」
「自閉スペクトラム症」

この自閉症スペクトラム障害の場合、走り方に特徴があるようなんです。
今回はその特徴のある走り方や理由について調べてみました。

スポンサーリンク

自閉症の走り方にある特徴とは?

自閉症スペクトラム障害の場合、走り方に特徴があります。

この特徴は【2~3歳】頃から現れてくるようです。
実際の動画を見ながら、なぜ特徴ある走り方をするのか解説しましょう。

自閉症スペクトラム障害の走り方は「手がダラーん」

自閉症スペクトラム障害の場合、走る時には大きく【3つの特徴】が現れます。

  • 手をダラーんとプラプラさせながら伸ばしっぱなしで走る(手を左右に振りながら走れない)
  • 前かがみで、足を引きずるように走る
  • 何もない所でもつまづきやすく、転んでしまう事が多い
なぜこのような走り方をするのでしょう?
実は自閉症スペクトラム障害の場合、身体が「低緊張」の状態だからなのです。
分かりやすく説明します。
通常身体を動かす場合、脳から指令を出し筋肉を緊張させながら動かすのですが、健常児の場合を指令数【100】とします。
これが自閉症スペクトラム障害の場合【70位】の指令数しかありません。
身体の緊張力が低い(筋肉の張りが弱い)ので身体が常に「低緊張状態」となっているからなのです。
手をダラーんと走るのも、ふらふら走るのも全身の筋肉の張りが弱く低緊張だから。
他にも、足を引きずるように走ったり、転びやすいのにも理由があります。
自閉症スペクトラム障害の場合、「外反扁平足」のケースが多く足裏を地面に平行に固定出来ません。
足首の筋肉も低緊張のため、しっかり踏ん張り固定する力がないのです。
その為、何もないところでつまずいたり転んだり、不安定な走り方になってしまうのです。

外反扁平足(がいはんへんぺいそく)を詳しく説明

扁平足とは、土踏まずが無くて足裏全面が地面に付いている状態。

更に外反なので、親指側に体重がかかり、小指側が浮いた状態、足がX脚になりやすいので更に走りにくいんですよ。

【OFFクーポン対象】【楽天1位】BMZ インソール アシトレ キッズ 黒/水色 履くだけで筋トレ効果 足トレ 子供 小学生 ジュニア 中敷き 衝撃吸収 アーチ クッション 足底筋膜炎 o脚 扁平足 外反母趾 靴 スニーカー シューズ 成長痛 足裏痛 膝痛 土踏まず かかと メンズ

 

走り方の動画を見てみましょう

自閉症スペクトラム障害は「横目で走る」

もう一つの特徴が「横目で走る」事
これは「視覚」が過敏に反応しているからなのです。

自閉症スペクトラム障害の特徴
「横目で物を見る」
「斜視になりがち」

TVなども横目で見たり、怒ったり興奮したりすると寄り目になったり、極端に片方に黒目を寄せたりします。

なぜ横目のままで走るのか?
実は「フェンス」などを横目で見ながら走る事で、視覚遊びを楽しんでいるのです。

これは自閉症スペクトラム障害の子供だけでなく、視力成長に必要な通過点なので、健常児でも見られる事があります。

ですが、あまり極端な場合は自閉症スペクトラム障害の可能性がありますね。

横目の動画を見てみましょう

引用:YouTube

スポンサーリンク

自閉症は感覚神経が過敏!?

自閉症スペクトラム障害の症状は様々です。
その中に「感覚神経が過敏」なケースがあるのです。

感覚神経にも色々あり、触覚・聴覚・味覚、先ほど出てきた視覚等、それぞれに症状が出てきます。

自閉症スペクトラム障害はつま先歩きをする

自閉症スペクトラム障害の歩き方の特徴、「つま先歩き」があります。

つま先歩行の場合、足裏の「触覚」が過敏で、足を地面につける事が出来ないのです。
足裏を付ける事が嫌で、つま先歩きをしているんですよ。

逆に鈍感なケースもあって、刺激を受けようと足裏全体を使ってジャンプを繰り返す事もあるようです。
その子によって様々な症状があるのも特徴ですね。

自閉症スペクトラム障害は音に敏感

自閉症スペクトラム障害の場合「聴覚」が過敏になる事もあります。
私たちが普通に聞こえる音や声、特に不特定多数の人の声などは全て聞こえてしまい「うるさい」と感じる程大きくも聞こえてしまうのです。

苦手な音もそれぞれ。
特に機械音(洗濯機・掃除機)が苦手。
それが何なのか?
なぜ音がするのか?
理解出来るまで嫌がります。

対処法は、その子がどの音が苦手なのか?
その音を遠ざける事が可能なのか?
その音を説明して理解させてあげる事が必要なんです。

徐々に「この音は怖くないよ」と根気よく教えてあげる必要があるのです。

自閉症スペクトラム障害は偏食!?

自閉症スペクトラム障害の場合、特定の食べ物しか食べない「偏食」の傾向があります。
それは「味覚」が過敏のケースもあるかと思いますが、「想像力の障害」がほとんどなのです。

「ピーマンは苦いから嫌い」
「ニンジンは変な臭いがするから嫌い」
子供が嫌いになるこのような理由ではなく
変化が嫌いで同じものや同じ味を食べると安心するのです。

「美味しそうに食べてるな、あれ食べたらどんな味がするのかな?」
などの新しい食べ物の味を想像する事が出来ない「想像力の障害」なのです。

対処法は、食事の時間を楽しいものにして、周りが美味しそうに楽しそうに食事を楽しむ事。
それを見ながら食事をすることで、徐々に自分が食べられると判断した食べ物の数を増やしていく事が出来るのです。

スポンサーリンク

自閉症は走り方に特徴がある?特徴を分かりやすく動画で説明します!のまとめ

自閉症スペクトラム障害」一言では表せない様々な症状がありました。
私が知っている知識は薄っぺらで、重度の症状でしか判断出来ない程無知でした。

「スペクトラム」とは虹のように無段階に症状の重軽があるという意味なのだそうです。
自閉症スペクトラム障害は様々な症状があり、絶対「同じ子」が居ないんです。

今回、動画を見て感じた事は「どれも自分の家族を大切に思う気持ちが感じられる」ものばかりでした。

自分だけじゃない、自閉症に悩んだり苦しんでいる人の為に、少しでも力になれれば!
との思いで動画を投稿しているのだと感じました。

自閉症スペクトラム障害は周りの接し方で改善されていくものだと思います。
この記事が少しでもお役に立てたのなら嬉しく思います☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆


    内容に誤りがなければ下記にチェックいただき送信ください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました